インクカートリッジとリサイクル

インクカートリッジはリサイクルできるというのを聞いたことがございます。

使用したインクを回収することでリサイクル品を作り出すことができます。

リサイクルを進めるのはインクカートリッジを売り出している各メーカーでございます。

リサイクル出来る物は出来ると大々的にうたってしまえば捨てる人もそんなにいなくなるのではないかと思います。

それに専用の回収箱が近くに設置してあれば100%捨てる人はいなくなるのではないかと思います。

リサイクルを手掛けることで、環境的貢献や社会的貢献に役立っているとのことでございます。

リサイクル箱へ入れられた用済みのインクカートリッジ達は長野県諏訪市のある企業に送られて仕分けされてまた各メーカーの元へ帰って行きます。

障害者の雇用の支援になっているとのことで私もインクカートリッジを使用することがあったら、使用済みのものは捨てずにリサイクルボックスに入れたいと思いました。

私の住んでいる市も協賛しているようですのでどこにそのリサイクルボックスがあるかをチェックしたいと思います。

個人でインクカートリッジを使用する時はパソコンのプリンターしか思いつきませんが、会社でインクカートリッジを使用する時はコピー機に自分のパソコンのプリンター、FAXで届いたもの、それとコピーする時のものの3種類をコピー機のインクカートリッジが引き受けるわけでございます。

会社のインクは個人の大きさの数倍も致します。

使用済みのインクカートリッジはしばらく置いておいて業者の方が来られたら渡すと言ったシステムでございましたのでその業者の方が会社に持ち帰ってリサイクルボックスに入れるのでしょう。

もしかして捨てていたなどと思っていたので、捨てていなかった、リサイクルされるのだと思って少し安心しました。

前の会社は小さな会社でございましたので、大きな所では総務部の人がやるお仕事も自分がやっておりましたのでそんなことを思い出しました。

あとリサイクルしていた物ってなんでしょう?

と考えましたがミスプリントの紙をメモ用紙に使用することくらいではないでしょうか。